保育士の資格取得には学校へ通おう!

気になる授業内容

保育士になるためには、保育士の事が勉強する事ができる養成学校に通う必要があります。保育士の養成学校は、大学であったり専門学校であったり、短期大学だったりと形態は異なりますが、保育士養成課程のある学校は全て保育士養成学校という風にカテゴライズする事ができます。

保育士養成学校ではどのような事を学ぶのかというと、一年目は、基本的には保育士の根底とも言える保育士の理念であったり、保育士の基礎中の基礎について学習する事になります。学校によって細部は異なるのですが、一般的な保育士養成学校の場合には、心理学や臨床心理、美術、ピアノ、保健などがメインとなってくる項目になっております。保育士養成学校では、ある程度の自由な項目が設けられておりますので、保育士試験に合格する為に勉強する内容と、保育士になってから必要になる事を勉強する部分が分けられており、有名な保育士養成学校などでは折り紙や紙芝居などの授業などもあります。

二年目になるともう少し込み入った勉強をして行きます。ミルクの作り方であったり、赤ちゃんの着替えやお風呂に入れるための授業なんかもあります。実際に赤ちゃんでの練習は危険ですので、ダミー人形などで行うのですが、より実践的な知識と技術を身に着ける事ができるようになります。
• 保育士の学校

•気になる授業内容

•専門学校から保育士

•しっかり勉強しないと

•リンク集

•サイトマップ

保育士の学校 | 気になる授業内容 | 専門学校から保育士 | しっかり勉強しないと |リンク集 | サイトマップ Copyright©2017 保育士の資格取得には学校へ通おう! All Rights Reserved.